まんぷくの感想とネタバレ24話

10月27日放送のまんぷくの感想24話を書きますね。
感想にはネタバレも含まれています。

ラスト、衝撃的でした。
正直、萬平は戦争なんて、と否定派かと思っていました。いや、否定派には変わりないかもしれないけど、まさか戦争に行けなくて悔しがるとは思いませんでした。
完全に時代ですね…
「畜生畜生畜生、情けない」
「お義母さん、すみません。福子、申し訳ない。僕は何もできない」
慟哭…ですね。忠彦や真一が戦争に行く中、男として、国民として情けないと思っていたんですね。
でも福子は、そんなこと言うなと慰めるのです。
「誰に何を言われても私は生きてて欲しい」
福子の萬平への愛情が深いです、この2人、本当に尊い。

今週のサブタイトルは、福子が萬平にかけた言葉でしたね。
僕にできることは何かと考える福子に、私が見つけます!と。
素敵な夫婦です。

そして上郡の人たち!なんていい人ばかりなんでしょう。
憲兵に引っ張られたことが知られてしまったから、どことなくみんな近寄りがたくなってしまうのでは?とも思いましたが、そんなことなく、みんなが萬平の回復を喜んでくれていましたね。

萬平が見たという川…本当に三途の川だったんでしょうか?
というか、鈴が向こう岸でこっちに来るなって言ってたって…え、何を暗示してるの?と驚きました。
絶対鈴に言ってはダメです、萬平さん笑

鈴と萬平の関係はなんとなく良くなって来たんじゃなかなと思いました。
あれほど戦争に行けないことを嘆いていたのに、萬平が生死をさまよってからは御百度参りをしたり、体を壊してしまったからしょうがないと慰めたり…
いい親子関係になりつつありますね!

さて、次週は終戦を迎えるようですね、大阪に戻ると思うので、上郡は見納めですかね?人も自然もとても素敵なところでした。
そして瀬戸康史さん登場!本当にまんぷくはイケメンと美女が揃っていきますね笑
加地谷再びです!!!どんな展開が待っているのでしょう、非常に楽しみですね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ16話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ33話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ7話

まんぷくの感想とネタバレ29話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ36話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ21話