まんぷくの感想とネタバレ27話

10月31日放送のまんぷくの感想27話を書きますね。
感想にはネタバレも含まれています。

今日はいつも気丈な克子、4人の子を育てている克子の涙に、私も涙…な回でした。

福子の話を聞いた萬平ははんこづくりをすることとなります。
思った通り大繁盛、家もみんな焼けてしまった人が多い中、自分が何者であるかを証明するということはとても大切なんですね。
それこそ配給をもらうのにも必要ですからね。

家族総出ではんこをつくります。
福子が注文を受け、鈴が字を書き、克子と萬平で掘る、もちろん克子の子供達も木を切ったりお手伝いをします。
なんと320円も稼ぐことができるのです!すごい!

大繁盛だったはんこ屋、その晩嬉しそうにお風呂に浸かる萬平に声をかける福子、そのやりとりが本当に最高です笑
発明を褒める福子に「福子がいてくれたからだよ」と微笑み返す萬平、お風呂シーンとも相まってセクシーだしノー眼鏡だし、素敵!としか言いようがなかったです笑

そんな時、克子は子供達を寝かしつけ、1人密かに泣いているのでした。
はんこ屋大繁盛で明日は卵が食べられると大喜びの子供達…でもここに忠彦がいないのです。いつもすごく逞しい克子ですが、やはりさみしいですよね、子供達の手前自分は強くいなきゃならない、そんな感情が爆発してしまった瞬間でした。
見ている私の涙腺も緩みました。
どうかどうか、無事で帰ってきてください、と願わずにいられません。

そして鈴の相変わらずの子供を作りなさい発言です笑
しかし今ここは克子の家で、6畳1間に鈴萬平福子の3人が寝ているのです…
と、私が邪魔なのね!と鈴は忠彦のアトリエに布団を敷いて寝るのでした笑

翌日、はんこ屋に現れるのは、なんと敏子!久しぶりの再会です!
しかも結婚していました、ハナも結婚して別のところに引っ越す予定をしているようでした。
2人がきゃーっとなっているのを見てほっとしました!親友たちの無事もわかってよかったです。

大忙しのはんこ作り、みんな黙々と仕事をしている中、福子は言葉遊びをしようと言います。4文字で2文字目はっ、4文字目はりの言葉を探す遊びです。
やっぱり、はっきり、おっとり、にっこり、げっそり…そんな中鈴は服部!うまいです、さすが年の功!笑
さらに、鳥取!そこにすかさず萬平が「そんなお義母さんにうっとり」と笑いの絶えない場に変わりました。
辛い時代であったのに、この瞬間はとても楽しく、幸せに見えました。福子は人を楽しませたり、笑わせたり、一緒にいたら周りも幸せにする人ですね!

そんな幸せもつかの間??
鈴の寝るアトリエに侵入者が!
だれ?泥棒?
気になります!!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

まんぷくの感想とネタバレ3話 仮病をする鈴

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ9話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ21話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ33話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ19話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ36話