まんぷくの感想とネタバレ37〜39話

しばらくは3回分をまとめてでの投稿になります。
すみません!

11月12〜14日放送のまんぷく37〜39話の感想を書きますね。
感想にはネタバレも含まれます。

今週は問題山積みな感じでのスタートでした!
とりあえずは塩業の許可がおり、無事に「たちばな塩業」をアウターとさせることができました。良かったです。
塩を作り袋に詰める、それを繰り返してようやく納品できる量にまでなりました。そこにやってくるのは世良です。
なんと、世良が専売局まで塩を運んでくれるというのでした。車で運んでくれるのは大助かり、萬平の計算では3000円くらいになるだろうということです。
しかし…世良が戻ってきて売上金を渡すもなんと立ったの1500円…
そう、世良が半分盗ったのです!最低!!!
しかも塩の品質が低かったなんて言って…
鈴は世良が盗ったのではないかと疑いますが、三人が少し茶色の塩が混ざっていたと謝りに来てその場は収まります。
塩軍団には雀の涙ほどのお給料…その給料がさらなる事件を巻き起こすのでした。

休日、岡たちは難波に飲みに行きますが、そこで従業員の女の子に手を出している隣の席の男たちと喧嘩になってしまうのです。

夜に警察署まで迎えに行く福子と萬平、岡が悪くないということは理解していました。
ここで2人が痛感するのは人を雇うということです。
給料も少ない、食料も少ない、そして重労働、みんなストレスフルでした。
そんな中、福子はみんなのために慰労会をしよう!と言い出します。
ある晩、みんなを集めて、タカはハーモニカ、福子は「リンゴの唄」を英語で歌います。気持ちはわかるけどもなかなかしっくりはこない塩軍団でしたが、鈴の1人「国定忠治」でまさかの大盛り上がり!笑
武器がすりこぎっていうのが面白いし、みんなも一緒になってセリフを言ってて本当に良かったです!笑
そして最後はまさかの夫婦漫才、しかもチャウチャウっていう犬…話が見えすぎて逆に面白い笑
萬平のエセ関西弁が…「チャウチャウちゃう?」「チャウチャウちゃう」
とりあえず、慰労会は成功ですかね?

そこでまたもや電話が…
世良でした。塩を闇市場に流したらどうかという話でした。
もちろん萬平は許しません!

そして品質に問題がないよう、最高峰の塩を作るように指示を出しますが生産量が落ちてしまいます。煮詰める時間が長くなりお金もかかる、生産量も落ちるからお金が入らない…
食べるものもままならないので、塩軍団は魚を釣りに出かけます。
そこでの会話、神部は克子の家に泥棒に入ったことを話すのでした。リーダーヅラしてると神部を不満に思うものもいましたが、泥棒に入り、でも萬平たちがよくしてくれて恩義に感じている、だから辛くてもやめないと話す神部にみんな賛同するのです。仕事も家も無くし、行き場に困っていた中神部に誘ってもらって感謝しているとも話します。そんな中、なんと大物が釣れるのです!!!
なんと、鯛!すごい笑
しかし鯛なんて捌けないと鈴、ここでも武士の娘!笑
そこで挙手をするのは赤津、なんと捌けるというのです。寿司職人を目指し10年もやっていたそう、すごく綺麗な鯛の刺身を作ります笑
そしてまさかの鈴の部下に任命されてしまいます…
めっちゃ嫌そうでしたけど笑

そして福子は再びハナの家にお金を借りに行きます。
これで最後にしますという福子にハナの旦那さんは「今のままでは、これで最後になりませんで、きっと。とにかくええもんを作りたい。せやけど、それでは社長は務まらん」と言います。さらにはハナからも「福ちゃんが、ちゃんと考えてあげないと、会社は潰れてしまうわよ?塩づくりは萬平さん、経理はお母さん、せやけど、あとは全部福ちゃんがやらないと」と言われてしまうのです。

さて、福子はこれからどうしなければいけないのでしょうか。
萬平の最高級の塩作りをという気持ちも、それを応援したい福子の気持ちもわかりますが、まずは生計を立てないとと思いますよね。
ある程度の生産量を出し、とりあえずみんなが満足するような給料にご飯…それが先決なんじゃないかと思いました。
でもきっとそんな妥協を萬平はできないんだろうなぁ…

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ28話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ35話

まんぷくの感想とネタバレ29話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ31話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ36話

まんぷくの感想とネタバレ6話