まんぷくの感想とネタバレ46〜48話

11月22〜24日放送のまんぷく46〜48話の感想を書きますね。
感想にはネタバレも含まれます。

46話は忠彦グッジョブ!でした笑

どこを探しても見当たらない鈴、福子たちは諦め泉大津に帰ってきます。
しかしその直後、克子から連絡が入り、なんと鈴が克子の家に現れたそうです笑
きっと福子達がいると思って顔出せなかったんですね、でも無事でよかった鈴さん!笑

タカが薪割りをしているところに現れるのは神部、優しく手伝ってあげます。それを見ているのは赤津!これは一波乱起きそうな予感…
案の定赤津は言いふらしてました笑

さて克子の家ではまた鈴がいない!と思ったらなんと忠彦のアトリエで鈴が絵のモデルをしていました笑
驚いたのは忠彦が鈴のご機嫌取りをしていることです!扱い方を心得てますね笑
若い女性にはない魅力があります、人生で色々経験してきた深みもあると同時に少女のような可憐さも…
忠彦、鈴からいい人認定されました笑
私、今輝いてるの?家出したのに?と聞く鈴に、「正直でいいじゃないですか、人間らしい」と全てを包み込むような優しさ、素敵です。
そして鈴の周りには悪い人はいませんよと周りのフォローも忘れません。

一方萬平は新規事業について神部に話をします。
人間食べることが大事、でも今は日本中に栄養失調で苦しんでいる人がいると、そこから何かヒントを得たようで神部に話をしていますが、神部は萬平の話よりタカでした笑
洗濯物を大量に運ぶタカ、それを手伝う神部です。洗濯板を持ってくるというタカ、タカがいない隙に神部に詰め寄るのはタカに想いを寄せる3人でした。
神部を攻め立てますが、神部は開き直り…俺を選んだも同然や!と言います笑
そこに止めに入るのが福子ですが…

きました、陣痛!
うずくまる福子に4人はオロオロ…

駆けつける萬平もオロオロ、やっぱりこういう時に男に人は弱いですね笑
手を握り励ますタカ、そして知らせは克子にも届き、頭が出る頃には勝つこと鈴も駆けつけました。
そして…
元気な産声!
元気な男の子が生まれたのです!
もう本当、めちゃくちゃ可愛いかった!
萬平を始め塩軍団も大喝采、素晴らしい日です!
もちろんこの日はたちばな塩業、臨時休業です笑
塩軍団は大いに盛り上がり大宴会、今日が一番感動した、おなごはすごい!と口々でした。
そして福子達は名前を決めます。萬平は男の子だったらこれにしようという名前があったのです、それは江戸時代の発明家、平賀源内から取って、源内…
反発するのは鈴、源義経から取って義経にすると言い張ります。
源内も義経も…いやいやいつの時代ですか?みたいな感じで笑ってしまいました。名前は私が!と意気込む鈴、家出騒動もありましたが相変わらずの鈴節でしたね。
結局2人の言い合いに産後間もない福子が止めに入ります。
平賀“源”内と“源”義経から取って、立花源はどうでしょう?と言います。
克子もタカも大賛成、鈴と萬平も納得します。
命名、立花源!

さて、仕事も通常運転に戻りますが、心配なのが福子です。
産後の肥立ちが悪かったのです。1週間経っても起き上がれないほどに弱っていました、さらには夜は目が見えにくいとも…
栄養のあるものをと言われ、雌鶏を飼いその卵を食べさせますが半分も食べきれず、さらに弱っていきます。
心配ですね…安藤サクラさんの演技がすごいなぁと、表情だけでなく声色までもがまさに体調不良!そして源ちゃんを見つめる眼差しが…!

お産婆さんから卵だけでなく肉や魚など栄養にいいものを取りなさいと言われ、福子のために食事を作ります。
家での一件から家事の負担を減らすべく他にも仕事を振りました。
そして福子は徐々に回復します。
福子が回復したのはなんとかお金があったからです、もしお金がなかったら栄養のあるものが食べられず下手したら死んでしまっていたかもしれません…
きっと戦後にはこういう人がたくさんあふれていたんだろうなと想像できました。出産は命がけですからね…
そして萬平は思いつくのです!
栄養食品の開発です。今の日本は福子みたいな栄養失調からくる産後の肥立ちが悪い産婦さんやその他にも栄養失調で困っている人がたくさんいます。その人たちのために手軽に摂れる栄養食品をということになるのですが、どういうものを作るべきか見当がつきません。
そこで神部です。大阪帝大の友人には医学部もいて、その講師を紹介します。
その講師は小松利昌さん演じる近江谷先生です。もうね、見るからに研究者…というかなんだかオタクっぽかったです笑
脂溶性ビタミン欠乏症、福子はこれになっていたのです。胎児に栄養を取られ、夜には目が見えなくなる夜盲症が出ます。これによって失明する妊婦さんも多かったそうです。
その話を聞き、栄養食品の開発に俄然やる気を出す萬平です、もちろん神部もやる気になっていました。萬平は福子に、神部はタカに笑 聞いてきた話を話すのでした。
神部くん、タカちゃんに完全に惚れてますね笑
そしてタカもまんざらではない感じ…この2人可愛いすぎです、このツーショット大好き!笑

早速翌日から開発に取り掛かる萬平、作業場の半分を研究室にします。
「栄養食品研究室」、ここに配属されるのは神部、岡、大和田、倉永です。そして近江谷先生も加わり研究スタートです!
作るのは福子の助言によりパンに塗るようなペースト状のものになりました。
このころの学校給食はパンだったんですね、GHQの支配下だし、ちょっと欧米化な感じですかね?

まずは動物性たんぱく質です。肉や魚は高い…とても手軽に手にできるものではありません。
そこで目をつけたのは、なんとカエル…
みんなでカエルを捕獲してました…!!!
申し訳ないですけど…いくら美味しくできたとしてもカエルの入った栄養食品は絶ッッッッッッ対に買いません笑
しかも煮込んで煮込んで…まさかのカエル大爆発!
最悪です笑
失敗にはめげない萬平、「こんな失敗、なんてことはない。何度も失敗して、その先にこそ、成功があるんだ」と言います。
さて、どんな商品が出来上がっていくのでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ21話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ22話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ7話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ63話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ58話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ16話