まんぷくの感想とネタバレ58話

12月6日放送のまんぷく58話の感想です。
感想にはネタバレも含まれます。

たちばな塩業に立ち込める暗雲…
萬平たちの逮捕は大阪商工会にも話が行きます、世良は退会させるべきだと言う話も出ました。そんな中、専売局からの電話でたちばな塩業とは取引停止をするかもしれないと言われてしまいます。言い返す間も無く電話は切られます…

その日も萬平の取り調べは続くのですが、ハリーはダネイホンの中身の詳細を聞きます、そしてなぜ作ろうと思ったのか…
もちろん萬平は大阪の人が栄養失調で大変なのを見てと言いますが、さらにその前に福子が産後の肥立ちが悪く、危うく死にかけたことを説明します。
一般人には売れなかったが、今は病院が買ってくれていると、金にならなくても儲けのために作ったわけではないとそう話すのでした。

そんな中、世話が話をしたいと言っているようなのです。
何かと思ったら、もう一度海に手榴弾を投げるようお願いをしているのです。手榴弾を投げた時間帯が悪かった、夕方になれば魚も集まってくると、そう魚の習性を説明するのでした。
世良、めっちゃいいこと言った!もう一度チャンスを!そう思わずにいられませんでした。

そして驚いたのは、ひっっっさしぶりの牧善之助!思わずフルネームで言ってしまいましたが、それほどびっくりしました笑
なんと、新聞を読んで、進駐軍に「立花萬平は善人である!」と言いに来てくれたのです!なんていい人、今は歯科医師会の理事会にいるそうです笑
善之助は憲兵に捕らえられた時のことを話し、濡れ衣だったと、萬平はそんなやつではないと言うことを力強く証言して帰ります、するとまた一人萬平について花shたいという人が来ます。
加地谷でした。
戦後、ぼろきれみたいになっていた加地谷、今はチンドン屋をやっているそうです。道化師のような格好、なんだかすごく似合っていましたね。
善之助の憲兵の後の加地谷の話、加地谷はj文 さんの罪を包み隠さず話すのでした。そして戦後に再会し、自分のことを許してくれたこと、加地谷のおかげで福子と結婚できたと言われたことなどを話します。
「立花萬平くんは悪くなーーーーーい」
衝撃的なテンションでした笑
でもなんだか、加地谷が地獄から抜け出しなんとか生計を立てられたことにホッとしました笑

裁判員かけようという進駐軍のメイですが、ハリーはなかなか決断が下せなかったのでした。

電話では加地谷が福子に釈放されたかと聞きますが、もちろんされていません。力及ばずとうなだれますが、福子はお礼を言います、その横には善之助です。泉大津まで来てくれたのでした。もちろん善之助にもお礼を言います。
「僕は、他人だから無茶できるんだ。福ちゃんが行っても、家族は相手にしてもらえないだろう」
でもあえて善之助は福子に
「でも、福ちゃんしかいないと思う。萬平さんを助けられるのは」
と言うのでした。

会社も危機的状況、なんとか萬平たちに帰って来てもらいたいです。
福子は英語の辞書を片手に進駐軍と話をする用意を始めるのでした。

今日は何と言っても善之助です。すっかり立派になってました。
いや、それ以前に、萬平とは家族でもなんでもないのに、心配して、しかも泉大津まで来てくれるなんて!
まさに善之助ですね、名前の通りという感じです。
騎馬姿が見られないのが残念でしたが、今後も登場して欲しい一人ですね!

さて、ハリーは一体何を悩んでいるのか、注目ですね!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ43〜45話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ 1話

まんぷくの感想とネタバレ4話

まんぷくの感想とネタバレ6話

NO IMAGE

まんぷくのネタバレと感想49〜51話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ15話