まんぷくの感想とネタバレ67話

12月17日放送のまんぷく67話の感想です。
感想にはネタバレも含まれます。

12週「絶対なんとかなるから」

今日は泣いたーーーー。
萬平と福子のシーン、2人の演技がとってもとってもよくて…泣いた。

萬平が有罪判決を受け、重労働4年、罰金7万円が課せられることになったたちばな栄養食品。ですが、ダネイホン作りはまだ続いています。
しかし罰金7万円は途方も無い数字です。真一や福子では決められず、萬平に相談したいと福子は状況を決断します!
身重の体ではありますが、列車に乗って東京に着きます。

東京について驚いたことといえば…
前回怒りに任せて金庫を蹴飛ばした世良ですが、足にヒビが入っていて大阪で治療すると帰ってしまったのでした笑
もうね、絶対そうだと思いましたが…
案の定仮病です!!!!笑
列車の中で包帯を取っているのを見ているおばあさんの表情といったら…笑

まぁ、世良らしくていいのかもしれないですが。

さて、そんな中、福子は萬平の元へ行きます。
萬平は福子を心配しつつも駆けつけてくれたお礼を言います。そしてなぜこんなことになったのかを嘆くのでした。
そして罰金の心配をします。東京の会社を売るか、場合によっては大阪の会社まで…とにかく会社資産整理ができる弁護士を探すことになります。
「すまない福子」
ここからはひたすら切ないシーンでした。
福子は萬平が元気でいてくれれば、それ以上は望まないと言いますが…
「この子が産まれた時…お父さんに抱っこしてもらいたいです」
これには涙で答えるしか無いです。
吹くこと萬平の涙に私も涙でした。
重労働4年がこんなにも長いなんて。源ちゃんも、生まれてくる子も…萬平に会うことすら叶わないのです。こんな悲しいことあっていいんですか、戦争で学校に行けなかった社員たちを夜学に通わせてあげただけなのに。
2人が柵越しに手を合わせるシーンは本当に涙なしでは見れませんでした。

その晩、福子は東京支社の面々と例の食堂に来ていました。
神部に恋をして失恋してしまった美代子はそんなことを全く表情に出さず、笑顔で接客、素晴らしい!
一口食べて美味しいと感動する福子に、真一は弁護士の話をします。
萬平印のダネイホンで有名になりすぎた萬平に手を貸そうという弁護士はなかなか見つからないのです。

とそこに助け舟が!!!
なんと、美代子の兄の友達が弁護士をしているというのです。まだ2年目ですが、ということでした。

早速翌日「東太一法律事務所」に赴く真一と福子。
事務員に通され部屋に入ると…
挙動不審でオドオドした人が「東太一です、弁護士です」とボソボソと挨拶するのでした。
菅田将暉さんです。
髪型に目がいってしまいましたが、初っ端からめっちゃコミュ障な感じ全開なんですけど、大丈夫でしょうか笑

とりあえずは資産整理のための弁護士なのでしょうか?
萬平の無実を証明するためではなさそうですね。

とにかく、東弁護士には頑張ってもらい、なんなら2人目の子供を萬平に抱っこさせてやってほしいと願う月曜日になりました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

まんぷくの感想とネタバレ6話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ23話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ101話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ86話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ55話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ78話