まんぷくの感想とネタバレ89話

1月17日放送のまんぷく89話の感想です。
感想にはネタバレの含まれます。

池田信用組合が梅田銀行から融資金の回収をされるという噂を聞きつけ、取り付け騒ぎが起こります。
その2日後…
鈴は取り付け騒ぎで不安でいっぱい、お皿を取り落としてしまいます。
そこに来客です。
源と幸は真一おじちゃんや!と嬉しそうに玄関まで行きますが、そこには真一以外に3人の男の人がいました。
梅田銀行の矢野もいます。
担保である家・土地・家財道具の売却手続きを始めるというのです。
池田信用組愛の担保ということで真一を筆頭に次から次へ売却予定であるという札を貼っていきます。
自分の親族の家を、ましてや子供達の見ている前でこういうことをしなければならない真一の気持ちが非常に痛かったです。

もちろん萬平はそのことを知っていました。ですが、家族に走らせないようにと釘を刺されたのです。
換金できるものを隠されては困るからですね。
終わったことを電話で告げる真一、福子に変わってもらいます。
意外と冷静な福子、子供達は学校に、鈴は寝込んでいると告げます。そして早く帰ってこられたらみんなで夕食をと萬平に話します。
正直、こんなに冷静でいられるわけないと思いました。いくら覚悟してたって言っても、今の今まで自分たちが住んでいる家や使っている家財が差し押さえられるというのは恐怖でしかないですよね。でも母は強し、子供達の前では気丈に振る舞いますね。

萬平の家だけでは終わりません。
家だけで足りない分は池田の組合員から回収しろと矢野は告げます。池田の産業が潰れてしまうと話す萬平ですが、「感情的になられても困る」と矢野は突っぱねます。
怖い、矢野さん…

さて夕方、克子と忠彦も家にやって来ます。真一がこの札を貼っていったことに相当なショックを受ける鈴、そこに萬平も帰宅します。
萬平を攻め立ててしまう鈴、これからどうするのかという鈴に克子達はうちに来たらと話します。
しかし萬平の答えはノーです。近くに借家を借りて済むと話します。
福子もこういう時のために働いていた、へそくりもあると笑顔で話します。しかし鈴だけは何があるかわからないからと克子に頼むのでした。
そこにやってくるのは敏ちゃんです。
昼間も福子の働くパーラーに顔を出したのですが、気丈夫振る舞う福子に不安を覚え訪ねてくれたのでした。

敏ちゃんと話す福子、優しい気遣いに初めて涙します。
「本当は不安でたまらない」
そりゃそうです。住むところも無くなり、家財道具一式も…お金もほとんど残らないでしょうから、昔のようにその日暮らしになってしまうかもしれません。
しかも、今は鈴と萬平と福子、3人だけではないんです。育ち盛りの子供たち…
不安で不安でたまらないですよね。でも福子が家族の前でそれを口にしちゃいけないと、そう強く思っているんですね。
そうして泣く福子、敏ちゃんには「他の誰にも言わないで」とお願いするのでした。

辛い、今日は辛い日でした。昨日までのちょっとした面白い雰囲気も無くなり、一気にどん底まで来た感じです。
そろそろサブタイの登るだけが出て来ますね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ74話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ32話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ12話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ75話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ33話

まんぷくの感想とネタバレ5話 萬平は3年前に福子に一目惚れをしていた