まんぷくの感想とネタバレ102話

2月1日放送のまんぷく102話の感想です。
感想にはネタバレも含まれます。

スープをとにかく濃くすることに専念する萬平、煮詰めていくと麺に練りこんでもいいくらい濃くなりました。
では麺作り!と新色取らずに進めようとするのでそこは福子が制止します。とにかく食事だけでもと4人で食卓を囲みます。
その時に、源の顔に傷があるのを見つけてしまいます。
すると幸が萬平をバカにした人と喧嘩したとバラしてしまうのです笑
源は喧嘩で勝って相手を泣かしたと何だか誇らしげな様子…笑
もちろん福子は後で謝りに行っていました。
このあいだの一件から、2人は強くなったようでした。
萬平がお父さんのせいで悪かったと謝ると、源は、「男には立ち向かわなくてはいけない時もある!」とかっこよく返します、幸も「女にも!」と…
子供達の成長が本当にすごいです、きっと辛い思いをいっぱいして来ているのに、萬平のことを信じてるんですね。

2人が学校に行くといよいよ麺づくりです!
普段手伝えない福子ですが、時間があるときは手伝いたいようですね。
興味津々で麺づくりを見ます。
製麺機にかける時がきます。
福子にも手伝ってもらい2人で麺を…ですがうまく行きません。
ボロボロとなってしまいます。
そこに訪ねてくる鈴。
鈴はお肉や卵、源と幸のおやつまで持って来てくれるのです。優しいなぁ…
そしてまさかの麺づくりのお手伝いです!笑
完全に塩づくりの時に戻りましたね、三角巾までかぶっちゃって…やる気満々?笑
ボロボロの麺でしたが、ひとまず食べてみようということになります。
お湯をかけて食べようとしますが…福子と鈴はラーメン屋がよくやる湯切りをしないと!と言います。製麺機から出て来た麺は生麺ですからね…結果は目に見えているような…
スープは溶け出さないし、麺はまずい…
「不味い」
そりゃそうですよね。
もう一度やり直しです!
とここで福子はタイムアップ、出勤の時間です。

パーラーには世良が来ていました。
世良に啖呵を切った手前、順調だと言わざるを得ない福子…笑
嘘がバレバレだ、みんな嘘つくの下手!笑

克子の家では鈴が生麺を食べさせられまずかったのなんのとタカに愚痴を言っていました笑
一方克子はアトリエに釘付け…前の奈穂美さんとは全く違うタイプの壇蜜演じる秀子…とにかく色っぽい笑
不安になりますよね、しかも秀子は忠彦に「笑顔の方が素敵」と微笑みかけていました。もちろん「妙なことを言うのはやめなさい」と制止しますが…それを目撃してしまった克子!
「あの人、忠彦さんに色目つこてる!」と動揺します…
しかし鈴とタカは全然聞いてませんでした笑

その晩、家計簿をつけてる途中の福子はその場で居眠り、それを目撃した萬平は福子が何も心配しないでと言ってくれたことを思い出します。
お金だって苦しいのはわかっています、でも好きに研究をさせてもらっている萬平、感謝しかないですよね。
福子にそっと半纏を掛け直しまた研究所に戻ります。
とにかく福子のためにも早く完成させたいんでしょうね。

麺のつなぎを片栗粉や山芋、いろいろなものに変えて作り直しばかりです。
しかしボロボロになったり、逆にベトベトになったりです。
なかなか配合がうまくいかないようでした。
「畜生、畜生…」
と萬平からは悔しさがにじみ出るばかりでした。

まぁ、麺づくりは素人ですからね…
なかなかうまくいかないのはわかります!
視聴者は頑張ってと応援するしかできないですね。
それにしても鈴、なんだかんだ優しなぁ、もしかして手伝う気満々だったのかな?割烹着と三角巾、どこから出した?笑
色々手土産も…一緒に暮らして来たからね、やっぱり心配ですよね、素敵な親心です。

それにしても源と幸はあの一件以来よりたくましくなりました。
今と違っていじめと言ってもきっと陰湿なものじゃなく、真っ向勝負!みたいな感じなのでしょうかね?打ち負かしたと誇らしげに言う源に笑いました…と同時に強くなった2人に涙です。

そして秀子!また一波乱?笑
なんだか克子、遊ばれてるだけかも笑
明日1話で今週終わりだから、このネタは来週に持ち越し?
忠彦がうまくフォローしてーーー!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ76話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ43〜45話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ24話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ67話

NO IMAGE

まんぷくの感想とネタバレ22話

まんぷくの感想とネタバレ3話 仮病をする鈴